舘矢間H邸の施工日記③

H邸は6月に基礎工事がありました。

上の写真は、写真は生コンにバイブレーターで振動を与えている様子です。

この工程は過去の記事でも掲載しています。ぜひご覧ください。


建物の下のコンクリート部分を「基礎」といい、建物を支える役割をしています。

建物には、建物そのものの重さのほかに、風や地震等による負荷がかかっており、「基礎」はその負荷を地面に伝えるための大切な構造部です。

建築基準法上でも、基礎は「構造耐力上主要な部分」と呼ばれ、名前の通り構造強度に係る部材とされています。

この部材は、基礎のほかに壁、柱、小屋組、土台等があります。

0コメント

  • 1000 / 1000

- お問い合わせ -
〒981-2302 宮城県伊具郡丸森町大張川張字腰当14-2
TEL: 0224-75-2117  / FAX: 0224-75-2180 / E-MAIL: info@itoukoumuten.jp