ブログ

夏は和室側の工事を行っていたリフォームの物件です。

9月よりLDK、玄関廊下の工事が始まっています。

以前は別々の部屋としてあったリビング・ダイニング・キッチンを、一つの空間にまとめ新たに広々としたLDKを計画しています。


こちらのお客さまは、もうすぐお孫さんが生まれるそうです。

小さなお子さんが遊びに来たとき、広くなったLDKならお子さんの様子がすぐにわかりますし、人の気配が近くにあるとお子さんにとっても安心ですね。


リフォームは、今の暮らしにあわせて機能を足し引きすることで、住みなれた家をより長く使うことができます。


InstagramFacebookでは、スタッフの日常を更新しています。

伊藤工務店の物件には、和室や畳コーナーがあることが比較的多いです。

神棚や建具などの造作部分は、大工さんの腕の見せ所でもあります。


時代のライフスタイルによって減少しつつにあると言われた和室・畳コーナーですが、ここ数年はわずかながらも増加の傾向が見られるようです。(参考:住生活研究所

畳の香りや手触りは心が落ち着きますし、座ったり寝転んだりするため視線が低くなり空間を広く感じることもできます。

伝統的なつくりのものから、洋室に寄せた作りの物まで形は様々。


また、その用途も、従来の客間や仏間として、小さな子ども着替えやお昼寝スペースとして、自分たちの将来を考えて、来客用にと様々です。

みなさんはどんな和室・畳コーナーが理想でしょうか?

( 小上がりの畳スペース。設計は、ブレッツァ・アーキテクツ さん)

白石T邸は、

・中間検査※に合格

・外壁防水シートの施工が完了

・内部は断熱施工の前

・明日は上棟式

と、完成までのステップを着々と通過しています。

(写真は防水シート施工時期のものです)

※中間検査:基礎コンクリートや耐力壁が建築基準法にそって施工されているか、専門の検査員が現場にてチェックを行います。

記事まとめ

- 2019.9-

用途:住宅 所在:宮城県丸森町

居間

畳とフロアを組みあわせた居間です。中央に掘りごたつを造りました。

現在は左側(東側)の窓から解体予定の建物やブルーシートがみえていますが、周辺を木々に囲まれており、どの方向からも緑をみることが出来る立地です。

台所

居間とつながり、広々としたスペースや大容量の収納があります。

居間とリビングは、以前のお住まい家と似ている間取りになりました。お客様にとって住み慣れた家のかたちや動線を残しつつ、新しい機能を足しました。

パントリー

台所と隣接した収納スペースです。

土間と勝手口があり、外とつながっています。

ご要望によりキャスター付きの棚を造りました。天板を載せると簡易的なテーブルとしてもお使いいただけます。

和室

神棚と建具を造作しました。

南面の建具は障子の部分が動くようになっています。

さらに、以前お住まいの自宅にあった建具を飾りとして取りつけました。

洋室

個人の部屋は洋室になっています。

部屋の壁紙や収納など、使う人に合わせてつくられました。

外観・玄関

撮影時は雨のため、玄関前のシートはまだ取れていませんでした。

解体や整地が終わった後、改めて撮影したいと思います。

玄関の段差は低めにし、出入りする時の負担が少ないようつくりました。

今週は白石で『建方(たてかた:構造体の組み立て)』が行われました。

家が組みあがる様子をみていたお客さまは「あっというま!」と驚かれていました。

上の写真が月曜、下の写真が金曜午前の様子です。

4日ほどで現場はずいぶん景色が変わりました。

家の形は見えてきましたが、工事はまだ始まったばかりです。


InstagramFacebookでは、会社スタッフの日常を更新しています。

木造平屋を新築中のS邸は、各部屋の壁紙が綺麗にはられています。

和室には繊細な造りの建具が準備されていました。

こちらの建具は、いまは骨組みだけの状態です。仕上がりが楽しみですね。

※建具(たてぐ):ドア、窓、引戸、襖、サッシなどのこと

前回の投稿では途中だった神棚も出来上がっていました。

こちらはリビングです。

いまは工事のため目の前に車がとまっていますが、和室同様、南側に面しており、部屋から庭を眺めることができます。

外壁、窓、屋根、和室、LDKなど各部屋のリフォーム工事が始まっています。

(着工前)

(現在)

家具などを移動する関係で順番に進めています。

現在は外壁と屋根、和室を施工中です。

畳やサッシの交換、断熱や構造の補強などを行います。


この日(8月2日)の気温は35度!

滝のような汗を流す大工さんへ、凍らせたジュースを持っていきました。

カチコチに凍っていて飲めないかも…と心配しましたが、あっという間に溶けました。

熱中症にはくれぐれもお気をつけください。

新築工事がスタートしました。

こちらの現場には庭に池があります。お施主様のご趣味だそうで、池の中ではコイが泳いでいて涼しげです。


猛暑が続き、熱中症対策として弊社では空調服を導入しました。

大工さんの一番の道具はその身体です。いい環境でいい家をつくりましょう。


InstagramFacebookでは、会社スタッフの日常を更新しています。

涼しい日が続いていますね。

S邸では、和室から縁側を挟んで見える庭の草木が、雨を受けはつらつとしていました。


現場では、内部工事が進んでおり、各部屋のボード張りが行われています。

写真は和室の様子です。神棚を造作していました。


InstagramFacebookでは、会社スタッフの日常を更新しています。

流行にのって・・・、そしてスマートフォンからも情報が得やすいよう、インスタグラムとフェイスブックのページを作ってみました。

2つを連動しているので、インスタグラムの投稿はフェイスブックでも見ることができます。

インスタグラムはHPと違った内容で、より身近に感じていただける投稿をしていけたらいいなと思っておりますので、ぜひご覧ください。

Instagram / Facebook

(使いこなせますように・・・)

みなさんは家の窓ガラスをよくよく見たことがあるでしょうか?

ここ最近普及している窓ガラスは、2枚のガラスの間に空間がある「複層ガラス」というものです。空気層をつくることで、熱の出入りを抑えています。

(窓については伊藤工務店ニュース2019年夏号でも触れています。)

先日竣工した白石市旭町の家は窓はすべて「トリプルガラス」のサッシでした。

トリプルガラスはガラスが3枚使われており、ガラス2枚の複層ガラスよりもさらに断熱性が高いものです。


断熱性を数値で見た場合「熱貫流率」という言葉が使われます。
この数値が高いほど、熱の出入りが多く、断熱性は低いということになります。

突然暑くなった5月末頃、丸森S邸は建て方の工事(たてかた:構造体の組み立て)が進んでいました。

無事に上棟し、現在は弊社の大工と屋根や電気の業者さんが入り工事がすすんでいます。

家の形が見えてきたところで、お施主様と壁紙や床、照明などの打合せを行っていきます。